カテゴリー別アーカイブ: 木工教室

教室から(今年の新人)

2018年1月からスタートした木工教室ですが、今年の年明けとともに新しく加わってくれた方たちでメンバーも倍増しました。最初に挑戦してもらったのは、ノコギリ練習課題の馬づくりです。4人の方の4匹の馬。縦・横・斜めにノコでまっすぐ切る練習です。

次は、A4用紙が楽に入る書類箱の製作。ここでは、上端留五枚継ぎという伝統的な組継ぎを題材にノコギリ、ノミ、それにカンナといった代表的な手道具の練習と共に墨付けの基本を学んでもらいます。ほぞ部分の墨付けに使うのは、伝統的な加工法ではケビキを使うのですが、ケビキの使いこなしはなかなか難しいので教室ではケガキゲージという超便利な墨付け道具を使ってもらいます。これは、一度使うとこれ無なしではやっていけないほどハマる道具です。

ホゾ加工を墨付け通りに加工するのはなかなか難度の高い加工なので、仮組をした段階ではそれなりに隙間があちこちに出来たりしますが、はたがね(小型クランプ)で締めあげ、残った隙間には木の粉をノリで練ってふさいだ上、手鉋で丁寧に仕上げると、驚くほど立派な家具の完成です。

3つ目の課題として、ティッシュボックスに挑戦してもらっています。書類箱の組継ぎと違って、45度で切った留接ぎという接合なので接着する際には、四辺をバランスよくクランプで締めて行かないと四隅をピタッと合わなくなってしまいます。4枚の板の8辺を45度に仕上げるのは、このような留削り台を使い手鉋で斜めに仕上げてもらいます。ティッシュペーパーの箱サイズは、メーカーによってかなり幅があるため、ご家庭で普段使われているサイズに合わせて調整してもらっています。

先行しているおふたりのが、まず完成したところです。木工をスタートしてふた月経過すると、このような加工が手道具だけで出来るようになります。

 

教室から(ベテラン組)

前回ブログをアップしたのは昨年末だったので、ほぼ2ヵ月半ぶり となってしまいました。まずベテラン組の皆さんの作品紹介をしたいと思います。ふた月余りの間にいろいろなものが完成しました。

1.折り畳み脚の屋外用小テーブル

栗の木を使った力作の小テーブルです。毎回何かの新仕掛けを必ず設計に入れ込むTさんですが、今回は折りたたみ脚に挑戦ですね。小さめの天板に四角い脚を通す穴が開いていて脚の先端が顔をのぞかせるのが洒落てます。持ち上げても脚が固定されるよう得意の磁石仕掛けが施されています。さらに折りたたんだ時にも脚が勝手に動かないよう、ここにも磁石で折りたたんだ脚を固定しています。濃色オイルで塗装した栗がとても素敵です。

脚を立てる際の動画もあるのですが、編集してサイズを縮めないとアップできなかった・・・。またいずれ。

2.水槽カバー

滋賀県で知らない人のいない飛び出し坊やに琵琶湖のシルエットを背景パネルにした水槽カバーを作ったHさんです。上下の桟にはきれいなタイルも埋め込まれています。水を入れた水槽を置くとご覧の通り。

3.看板ふたつ

知り合いの方から依頼を受けて看板をつくられたベテランKさんの作品です。女性らしい実に丁寧な作りで、依頼者からとても喜んでもらえたそうです。木の色と白く塗装した文字が実に上品な仕上がり。これらの文字を彫刻刀で掘り込むだけでも随分時間が掛かりましたが、その甲斐がありました。

4.スマホ・タブレットスタンド

こちらもHさんの作品。お使いのスマホやタブレット端末、それにリモコンなども並べて置けるように工夫されています。

5.座卓

ブナ材を使った大きめのご自宅用座卓です。脚はボルトで取り外しが効きますので使わない時には分解して片付けられます。耳付きで野性味も感じる色調のブナの仕上げで落ち着いた雰囲気を醸し出しています。幅広材でやや反りのある板だったので天板を平らにする際に厚さを残すため普段見えない天板裏には多少平らでない部分を残すなどして工夫されています。

3人とも3月に入って新作に取組中です。完成をお楽しみに。

 

木工教室から

木工教室から今年最後の作品ご紹介。

まず、Kさんの作品2点。両方同じ程度の大きさのスツールですが、ひとつは肘掛け無しで座面が開閉式になっていて座面を持ち上げるとこのような収納スペースが現れます。

もうひとつは、肘掛け付きで座面は固定ながらやはり座面下に収納スペースがあり、前面から出し入れ可能です。細部にわたって非常に丁寧な作りで女性らしい細やかさと大胆さを兼ね備えたステキなスツールです。

肘掛け部分には、特徴のある木材部位を利用して個性的です。丁寧にサンディングしてあるのでヒビ割れの部分も指にやさしいのです。

一方、こちらは木工教室歴1年になるHさんのコーナー棚。ホゾとホゾ穴加工をものにして、キレイに組み上げられました。フローリング材を利用した棚板は、これまた初めてのダボを使った固定で木ねじ類は一切利用していません。ご自宅のテラス・コーナーにピッタリと合っていい雰囲気です。

この12月になぜかほぼ同時に3名の方から教室への申し込みがあり、年明けから木工をスタートされます。春ごろには、基本を身に付けて、ひとりひとり個性あふれる家具の製作を始められるようになるかと思います。その階段を一緒に上がっていけるのは、工房にとって大変光栄なことです。

今月の木工教室

今月の木工教室で完成した、ふたつの力作を紹介したい。まずこちらは、3カ月の製作期間を経て完成した、栗材のログハウス風ポスト。

製作者のTさんは、毎回オリジナルの工夫や仕掛けを注ぎ込まれるのだが、今回のポストも創意工夫の塊である。①投入口(写真の屋根板のすぐ下の正面の高さ5cmの部分)は手で押すと開くのだが、手を離すと自動で閉じるようにレアメタルの強力磁石を埋め込み、郵便物の投入が終わればパタンとしっかり閉じる。②大きな郵便物の場合は屋根板を持ち上げて、そこに設置された可動式の滑り台のような部分を滑らせて投入できる。この滑り台は重さが掛かると下に傾き、投入が終わるとばねの力で元の位置に戻るという仕掛け。

③取り出し口の扉も凄い。下の写真で扉部分に四角の取っ手が付いているのが分かると思うが、この取っ手をある決まった複雑な動きをさせることによってはじめて開くことが出来るのである。些かアイディア倒れなのは、この扉を開かなくても屋根部分を開けば中身を取り出せるのだが、それは秘密にしておこう。

一方、女性教室生のOさんの大物家具は収納付きスツール。腰かける天板部分を開けば、収納スペースが現れる。女性らしい気配りは、この天板を開く際に開きすぎないようにストッパーの役割の金具を設け、さらにソフトクローザーを取り付けて、閉じる際にも優しく受け止める仕掛けとなっている。素晴らしい。

もうひとりの方の屋内用自転車スタンドも出来上がったのだが、自転車を掛けた状態の写真が未入手である。また、後日。

 

 

7月の木工教室

7月から新たに女性が木工教室に加わってくれました。既に木工歴10年以上とのことでキャリア十二分、大型木工機械の経験も長く、当然ながら初回から自由製作を楽しんでいただいている。で、最初の作品がスマホスタンド。スマホ画面を見るのに便利で充電も同時に出来るという次第である。仕上げのサンディングなど実に女性らしいきめ細やかな作業ぶりで大変勉強になる。友人の分とご自分用の2台同時完成である。

一方こちらは、もう一人の方の新聞・雑誌スタンドも完成した。同じスタンドとは言え、こちらははるかにデカい。ヒントになりそうな木工雑誌の記事を参考にしながら図面を書くこともなく、テキトーに切ったり削ったりしながら寸法を決めていくという極めて男性的アプローチで、それゆえ幾多(?)の危うい目にもあいながら完成にこぎ着けることが出来た。こちらのスタンドの仕上げのサンディング時間は、上の小さなスマホスタンドのサンディング時間よりずっと短時間というこれまた野性的(?)仕上げであったことを報告したい。床置きで壁際に置いて新聞や雑誌を立て、これから生活に密着して活躍することになる。

結果良ければ、すべてよし。全て1x4材を使い、沢山のビスケットを使って幅広の板に加工してあり、なかなかいい味がある、と思う。

もうおひとりの栗材ポストは、完成までまだ数週間掛かりそうだが、なかなかの力作で次回報告としたい。

木工教室から

ここ最近の木工教室の様子から。

①昨年末からスタートしてほぼ半年経過したおふたりは、徐々に大作にチャレンジされています。こちらは、物入れを兼ねた二段式の踏み台。普段、1段目は引き出しのように収納されていますが引っ張り出せば、2段になり、踏み板を外せば二段の物入れに変身するという凝ったデザインです。

次回作は、初めて製材所の無垢材からの製作に挑戦されることになり、先日注文先の製材所から乾燥した栗とブナ材が工房に届きました。荒材からの木取り検討からスタートとなります。

もうおひとりは、現在1x4材を使ったマガジンラックに取り掛かっています。下の写真は以前作られた書類収納箱3個が勤務先の学校で活用されている様子です。毎日、大活躍中とのこと。

②また、6月からは初めての親子木工教室が始まりました。工作好きの男の子とそのお母さんのペアでそれぞれ違った木工をやってもらっています。小学生の男の子の最初の作品は船(写真撮り忘れ)、次は電車を作りたいと挑戦中。お母さんは、学生の頃デザイン関係の勉強をされていたとかで、アヒルもウサギもあっという間に可愛く書かれるのでビックリです。糸鋸でそれらを切ってもらいます。羨ましいスキルの持ち主です。

③もうひとつは、旋盤の一日教室。以前ボールペンを作りに来られた方が、今回はサラダボールに挑戦。20cmぐらいの大きさの木を用意していたのですが、材木屋さんで調達した30cmもある大きな栗材を持ってこられたのでそれを使っての巨大なサラダボールです。削る量が半端ないので午前中からスタートして完成するのに夕方近くまで掛かりましたが、超立派なサラダボールが出来上がりました。湖西の慧夢工房に何年も通っておられますので木工の腕前はプロはだしです。この後、ご自宅でガラス塗料を塗られる予定です。

それぞれのご希望やスキルに応じて、いろいろな作品づくりを楽しまれています。

木工に興味や関心のある方、あなたも如何ですか?

 

 

かんじる比良

かつてお世話になった木工教室の慧夢工房さん(湖西の北比良)のお誘いで「かんじる比良2018」5月19日(土)~20日(日)の2日間、軒先をお借りして一緒に出品させてもらうことになりました。

ガイドマップはこちら

Special Events(期間限定店)案内はこちら

いろいろな木の小箱やボールペン、カッティングボードなどを販売する予定です。また小型の木工旋盤を使ってのボールペン製作実習も出来るよう計画中です。

木工教室3月

今月の木工教室での作品から(完成間近含め)。

こちらは、ヒノキのティッシュペーパー・ボックス。ヒノキの香りと共に使えます。ティッシュペーパーを収めた後に上蓋を乗せて使います。4辺は板両端を45度(留め)にカットして留め削り台を使って手鉋で仕上げてもらいました。接着時にヒノキの薄板(約10mm)が幾分反ってしまったのも手鉋できれいにに修正してアクセントと強度強化用にチキリを入れて完成されました。奥はおまけの練習用一合升風ペン立て(?)。

もう一人は、職場での書類配布に使う同寸の箱3個。1個目は、すべて手加工・手道具で完成し、あとのふたつはバンドソーを始めて本格的に活用してもらって、半日で2個の組み立て接着まで終了、手加工の2~3倍のスピードです。次回、ほぞ組の出っ張りを手鉋で平らにして塗装してもらえば完成予定。徐々に難しい技と機械利用が増えていきます。

木工教室2月

2月の木工教室では、手づくりボールペンを希望されたので初めての木工旋盤を経験してもらった。おふたりが、それぞれ友達やご家族へのプレゼントということで合わせて5本が完成。いろいろな木材をボールペン用に準備しているのだが、好きな木を選んでもらって、それと組み合わせるボールペン金具部分のキットにもモデルや金・銀・ガンメタル色などがあり、そこから選んでもらう。旋盤作業で最初に角棒の中心に穴をあけ真鍮パイプを接着するところからスタートする。角材を丸く削る段階で木の角部分が割れて顔に飛ぶ可能性があるので安全のためフェースマスクを使ってもらう。一旦丸棒になってしまえば、あとはお好みでオリジナルの形に仕上げてもらう。サンドペーパーを120番から4000番まで順番に掛けて表面をスベスベにしてワックス塗装したのち金具をパイプに圧入すれば完成となる。3時間ほどで1本が完成できる。

という訳で無事に完成したボールペンがこちら。

左から神代欅、パープルハート、トチ。パープルハートは削った直後は茶色なのだが、一日も経つと紫に変色するという不思議な木である。最初は、プレゼント用に2本を作るつもりでスタートされたのだが、出来上がってみると自分用のも欲しくなったと更に1本追加されたのでありました。

こちらの方は、パオロッサと黒檀。黒檀は誠に渋い。

ご希望の方は、半日教室で一本完成できますので宜しければどうぞ作りに来てください。完成品がいい方は、工房に1ダース以上はいろいろな木とモデルで完成品を取り揃えていますのでお好きなものをお選びください。お好きな木での特注ももちろんOKですよ。

木工教室から

木工教室、1月はアラレ組みによる書類箱の製作課題に挑戦してもらいました。シラガキというナイフのような刃物で板に墨付けをしてもらった後(墨は使いませんが言葉は生き残ってます)ノコで細かくカットしてノミで凸凹部を墨線に従ってきれいに仕上げてもらい、底板をはめ込む溝を機械で掘ってから底板をはめ込んでいよいよ最終組み立て工程へ。

接着できたら次は初めての鉋掛けに挑戦してもらいます。継ぎ部分の寸法は少し余裕を取った分、木口を0.5ミリほど鉋で削って側面をまっ平らに仕上げる訳です。

で、晴れて無事完成。A4書類がホルダーごと収まります。

おひとりは塗装なしで無垢仕上げのまま、もう一人は濃色のオイル塗装を選ばれました。初めての木工と思えないきれいな仕上がりの書類箱が完成しました。

次回は、旋盤を使ったボールペン製作に挑戦してもらう予定。